消費者金融で年収1/3以上の借り入れを可能にする方法ありますか?


 

「いいえ、残念ながら消費者金融で年収の3分の1以上を借入することはできません。」

 

しかし、総量規制の対象外である銀行カードローンなら可能です!
消費者金融並のスピーディーさなのに、さらにより低金利で人気のおすすめ銀行カードローンをご紹介します♪

 


⇒人気のおすすめ銀行カードローンならこちらへ

年収の1/3以上をラクラク借りれるカードローンリスト

カードローンを使う上でどうやっても越えられないのが総量規制という法律です。もう少し借りたいけど借りられないと言う不満を持つ人も多いと言われています。
消費者金融で年収の三分の一以上は何をどうしても借りることは不可能ですから、三分の一を超える貸し付けを希望する場合には総量規制の対象外のカードローン、銀行のカードローンを利用すれば解決できると言えるのではないでしょうか。
銀行のカードローンの中には、借りることが出来る額が少額と決まっているものもあるため、年収の三分の一を超える金額を借りる場合には、限度額の大きなところを選ぶ必要があるでしょう。

 

お勧めなのは限度額が500万円以上に設定されているカードローンで、楽天銀行スーパーローン、みずほ銀行カードローン、オリックス銀行カードローンなどが限度額500万円以上となっています。みずほ銀行は最大で1000万円、オリックス銀行は最大で800万円までの貸し付けが可能ですから、かなり多額の申し込みでも余裕があると言えるかも知れません。
パートやアルバイトの人で、それほど年収が高くない場合には、セブン銀行カードローンなどの利用もお勧めです。こちらは限度額50万円なのですが、年収が100万円程度の人であれば三分の一を超える貸し付けが可能になるはずですし、審査も非常に簡単なためお勧めのカードローンだと言えます。

総量規制対象外のカードローンを簡単に見分ける方法

総量規制ってなんだろうと疑問に感じている人も多いでしょう。総量規制というのは、消費者金融や信販会社といった貸金業法下で営業を行っている金融業者に適用される規制で、申し込み者の年収の三分の一を超える貸し付けを規制する法律となります。年収が240万円の人の場合最大で80万円までの借り入れしか出来ないと言うわけです。他社での借り入れも対象となりますから、すでに60万円借りていた場合には、新たに借りることが出来る金額は20万円までとなります。ですから総量規制の対象となっている業者で借りる場合には、借りることができる金額に大きな壁があると考える必要があります。

 

しかし銀行のカードローンの様に総量規制の対象外となるものも存在していますから、総量規制の対象なのか対象ではないのかを見分けることが出来れば申し込みも非常に楽になると言えます。簡単な方法としては、金融会社のHPにほぼ必ず設置してある簡易審査を利用する方法です。これを利用して調べれば、年収の三分の一を超える貸し付けが不可と教示されればそれは総量規制対象の会社だと言えます。電話で年収と希望金額を伝えて
聞いてみるのも良い方法でしょう。その時点で三分の一を超えている場合に利用できませんと返答が帰ってくれば対象、そうでなければ対象外ということになります。
銀行系のカードローンの場合、経営は銀行でも扱いが消費者金融ということもあるので、申し込む前にチェックしたほうが良いでしょう。

銀行カードローンよりも消費者金融カードローンが選ばれる理由

現在カードローンを利用できる金融業者は、大きく分けて消費者金融と銀行の2つが存在しています。
銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が安いため、それだけを考えた場合には消費者金融よりも利用者が多いのではと感じるかもしれませんが、実際には銀行よりも消費者金融を利用する人の方が確実に多いのが現状です。
では何故銀行ではなく消費者金融を利用するのかですが、これは銀行に比べて消費者金融のほうが審査に関してスピーディであること、利便性が極めて高いことなどが挙げられます。

 

銀行のカードローンの場合やはり審査が厳しいという側面があるため、消費者金融の様に即日融資や30分程度で審査完了といった手軽さがありません。一部の銀行は即日融資に対応していますが、それはごく一部のため消費者金融のようなスピードは無いと言えます。
それと利便性の面でも消費者金融のほうが勝っている場合が多く、銀行の場合利用できる場所が限られていることが多いのに対し、消費者金融は全国どこでも利用が可能になっています。特に手数料のかからない専用ATMは消費者金融のほうが圧倒的に多いのが現状です。土日祝日でも手数料がかからないことも魅力の一つでしょう。提携ATMを利用すれば銀行のカードローンでも全国どこでも利用が可能になりますが、やはり手数料がかかると言うことは大きなデメリットと言えます。それと申し込みの自由度も消費者金融のほうが自由度が高いと言えます。ネット申し込みであれば24時間365日利用可能ですから、忙しい人でも自宅から申し込み出来る点も、消費者金融の支持が多い理由となっているのかもしれません。

消費者金融の利用規約への同意

消費者金融を利用する場合、その利用規約に同意して利用する必要があるのではないかと思います。様々な利用規約の設定方法が存在するため、それぞれの消費者金融によって規約に違いが生じてきていると推測されています。
実際に消費者金融を利用する前には、こうした利用規約を確認し、同意のうえで利用することが普遍的なものとなっています。このような考えが定着してきているため、あらかじめ利用規約をしっかりと把握することが求められていると言えるでしょう。今後も消費者金融では、こうした考えが定着していくものとみられています。


年収の3分の1以上の借入は不可能だと思っていませんか?

 

実は、総量規制対象外である銀行カードローンなら年収の3分の1以上の借入が可能です♪

 


⇒人気のおすすめ銀行カードローンならこちらへ